「低用量ピルの効果が出るまでの時間」について説明する女性のイラスト

低用量ピルって飲み始めてからどれくらいで効果が出るんでしょうね?服用してその日から避妊効果があればいいですが、効くには時間が掛かりそうな感じがします。こちらでは低用量ピルの効果が出るまでの時間などをお伝えしていきます。

プラノバールと低用量ピル服用で血栓溶解剤を投与

低用量ピルは、正しい使い方をすれば、ほぼ100パーセントの確率で避妊することができます。また服用をやめれば妊娠を希望することもできるので、女性のライフスタイルに合った避妊方法といえます。
現在の日本国内だけでも、数種類の低用量ピルが、医療機関で処方されています。

プラノバールは、女性ホルモンのバランスを整え、月経以上や不妊症に効果を発揮する中用量ピルで、経口避妊剤としても処方されることがあります。
プラノバールを服用することで、ホルモンバランスが整い、定期的に服用すること子宮内膜が厚くなり、強制的に排卵、生理前のような妊娠がしやすい状態を作り出します。
服用をやめると自然に整理が起こるので、月経周期を調整することもできます。そのため排卵のタイミングを引き延ばすことができるので、避妊薬としても使用されています。
ただ人工的に女性ホルモンを体内に取り込むので、副作用が現れることもあります。主にかゆみや発疹などのアレルギー症状や、嘔吐、食欲不振、便秘、腹痛などの様々な症状が現れることもあります。
また重大な副作用としては、血栓症があり命にかかわることもあるので、十分注意することが大切です。

低用量ピルや中用量のピル、女性ホルモン剤は、使用すると血栓症のリスクが高くなると考えられています。
血栓が起こりやすいのは、先端的な病気以外に、ピルを使い始めた頃や40歳以降、喫煙などさまざまな理由があります。
ピルによる血栓は、妊娠や分娩などによる血栓よりもリスクは低いので、安全な薬とはいえますが、ただ一度血栓ができてしまうと血管内で血栓が次から次へとできやすくなり、血栓溶解剤を使用しなけらばならなくなってしまいます。
ただこれは血が固まりにくくなる薬なので、怪我をしても出血がとまりにくくなり、女性の場合には、月経が止まりにくくなってしまうので、使用する際には十分注意が必要です。