「低用量ピルの効果が出るまでの時間」について説明する女性のイラスト

低用量ピルって飲み始めてからどれくらいで効果が出るんでしょうね?服用してその日から避妊効果があればいいですが、効くには時間が掛かりそうな感じがします。こちらでは低用量ピルの効果が出るまでの時間などをお伝えしていきます。

低用量ピルとIUD装着で避妊効果抜群だが多毛症に…

望まない妊娠をしないためにも、低用量ピルは非常に妊娠回避効果が期待できます。
併せてIUDなどの子宮内避妊具などを婦人科で挿入することによってさらに避妊効果は抜群になることは確かでしょう。

また、低用量ピルは子宮内膜症やPMSなど、ホルモンバランスの乱れによって起こる女性の体の不調にも有効だとされていますが、それ以外にも多毛症で悩む人にも低用量ピルはおすすめだとされています。

本来は男性ホルモンの分泌が少ない女性は多毛症になることはないのですが、まれに毛深くて悩んで切る女性もいます。

その場合、ピルを服用することで卵巣から多く分泌されてしまう男性ホルモンを抑える効果があり、そのために多毛症の改善にもつながるのです。

しかし、ピルを服用しても多毛症が進行している場合には別のことを考える必要があります。

卵巣の病気の一つに、多嚢胞性卵巣症候群という病気があり、これは卵巣が肥大化して嚢胞化してしまうもので、症状として無排卵や月経異常などがあります。

もし月経異常があったり排卵していない場合にはピルの服用による作用はあまり影響しないことも考えられるのでその場合は早めに婦人科を受診することをおすすめします。

もちろん、この病気以外にも多毛症の原因はいくつか考えられますが、自己判断でネット通販で購入しピルを服用して多毛症を治すよりもまずは専門家に診てもらうのが最適な方法といえるでしょう。

多毛症は婦人科で治療を行っていることもありますので、多嚢胞性卵巣症候群でなかったとしてもそのまま多毛症に治療を行ってもらうこともできます。

卵巣や子宮などは沈黙の臓器であるため、症状が出ることには手の付けられない状態になっていたり病気の進行が速くなっている可能性もあるので、何かおかしいと感じたらすぐに婦人科に行くようにするのが良いでしょう。