「低用量ピルの効果が出るまでの時間」について説明する女性のイラスト

低用量ピルって飲み始めてからどれくらいで効果が出るんでしょうね?服用してその日から避妊効果があればいいですが、効くには時間が掛かりそうな感じがします。こちらでは低用量ピルの効果が出るまでの時間などをお伝えしていきます。

低用量ピルの種類

低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプの2種類あります。
体への影響に違いはありません。何が違うかというと、プラセボ(偽薬)の有無です。
21錠タイプはすべてにホルモンが含まれていますが、28錠タイプはホルモン剤21錠+プラセボ7錠です。
プラセボが入っている理由は、飲み忘れを防ぐためです。
低用量ピルは21日間服用して、7日間完全に休薬する、という特殊な飲み方をします。飲み忘れが心配な人はプラセボ付きの28錠タイプがおすすめですし、飲み忘れの心配はないので飲む錠剤数が少ないほうが良いという人は21錠タイプを選べば良いです。
プラセボは、でんぷんや糖で作られているので体には無害です。ピル作用は全くありません。毎日服用することで飲み忘れを防止することができるというメリットがあるだけです。
21錠タイプは、1錠ずつ決まった時間に順番に21日間服用します。1シート飲み終えたら7日休薬して、8日目からまた新しいシートを飲み始めます。
28錠タイプは、1錠ずつ決まった時間に順番通り28日間飲みます。1シート飲みきったら次のシートを同じように飲みます。
21錠タイプも28錠タイプも、ホルモン入りの錠剤を飲み終えて2〜5日後くらいで生理が始まります。次のシートは生理が始まったタイミングに関係なく順番に飲んでいきます。
低用量ピルは一般的には経口避妊薬として使われています。一日一回の服用で、排卵を抑えることができて、正しく使えばほぼ100%近い確率で避妊ができます。
日本ではホルモン量が少ない低用量ピルが医薬品として承認されて、1999年になってようやく認可されて発売されています。
避妊以外に、生理痛の緩和などの目的で使われることも多くなっています。