「低用量ピルの効果が出るまでの時間」について説明する女性のイラスト

低用量ピルって飲み始めてからどれくらいで効果が出るんでしょうね?服用してその日から避妊効果があればいいですが、効くには時間が掛かりそうな感じがします。こちらでは低用量ピルの効果が出るまでの時間などをお伝えしていきます。

低用量ピルを長期服用するには健康食品も摂る

保健体育の授業では様々な避妊法が教師によって紹介されます。
メジャーなコンドームによる避妊法は男性向けに紹介され、女子向けには基礎体温グラフを基にした避妊法が伝えられます。
どちらとも有益な方法ですが、基礎体温に基づくやり方は完璧とは言えず、それだけでは失敗するリスクも高いです。
特にホルモンバランスが乱れやすい体質の女性にとって、それだけでは信頼性の低い避妊法となりますので、
コンドームの使用と低用量ピルの服用を、夫婦生活に取り入れましょう。

低用量ピルの服用によって体重が増えた、あるいは肥満になりやすい体質になる等の指摘があります。
その指摘を受けて低用量ピルの利用を自重する女性も少なくありません。
確かに一昔前まで一般で広く使われていたピルには、そういった副作用が存在しました。
しかし、いま現在提供されている低用量ピルは、かつての中用量または高用量の避妊薬とは別物です。
頭痛や吐き気などの副作用の発生率も低く、体重増加や肥満体質になる等のリスクは基本的に無いとされています。

ただ低用量ピルを初めて長期服用すると、女性ホルモンバランスの量が急に変化するため、
その影響から貧血や精神的なムカムカやイライラ、下半身のだるさ等を抱く方々がいます。
そういった方々は低用量ピルの服用と同時に、健康食品で不足しがちな栄養素を補給しましょう。
セイヨウオトギリソウエキスを含むサプリメントは低用量ピルの働きを阻害するため、併用を避けなければいけませんが、その他の成分の健康食品なら特に危険な飲み合わせはありません。
またイソフラボンやミリフィカなど、女性ホルモンに近い栄養素を持つサプリメント類は、
低用量ピルの働きを支援し、個人によってはセクシーな体つきになる、バストアップが進む等の嬉しい副効用も得られますので、長期服用するなら摂取を検討すべき栄養素になります。