「低用量ピルの効果が出るまでの時間」について説明する女性のイラスト

低用量ピルって飲み始めてからどれくらいで効果が出るんでしょうね?服用してその日から避妊効果があればいいですが、効くには時間が掛かりそうな感じがします。こちらでは低用量ピルの効果が出るまでの時間などをお伝えしていきます。

低用量ピル服用で不妊治療と便秘

ピルといえば、すぐに「避妊薬」をイメージする方が、多いのではないでしょうか。
確かにピルは排卵をストップさせ、避妊の効果を発揮する薬です。
しかし、避妊だけでなく女性に起こる、様々な病気や不快な症状を、改善する薬でもあるのです。

たとえば不妊治療目的に、低用量ピルを処方するクリニックも少なくありません。
ピルには高用量・中用量・低用量とあり低用量ピルは、副作用が起こり難いと言われています。

ピルを服用する事によって、生理周期をコントロールする効果が期待できます。
月経不順だと、いつ排卵するかなどが自分で把握しにくい為、妊娠しにくくなってしまいますが、ピルを服用する事で生理周期をコントロールし、排卵の時期などを見極める事が可能です。

また、直接不妊の原因となる、子宮内膜症の治療にもピルは有効です。
なかなか妊娠しないという方は、1度検査を受けてピルでの治療を検討してみましょう。

ただ、低用量ピルを服用する事で、便秘になってしまうケースもあるようです。
ピルには黄体ホルモンと同じ作用をする、プロゲストーゲンという成分が含まれています。
黄体ホルモンは腸内の水分を、体に溜め込む性質があり、分泌が多いと便秘になりやすいと言われているのです。

ですので、ピルを飲み体の中に一定量、黄体ホルモンがある事によって、個人差はあるものの便秘になる方もいます。
便が硬くなっている為、この場合は水分を十分に取る、乳酸菌やオリゴ糖といった腸内環境を整えるケアがお勧めです。
また、便秘薬で治したい場合は、腸内に水分を溜める作用がある、マグネシウムを配合したものが有効です。

ピルとの飲み合わせが心配という場合は、医師や薬剤師に相談してから便秘薬は使いましょう。